小長井町について

有明海に面した、長崎県の西の玄関口

小長井町(こながいちょう)は長崎と佐賀の県境に位置する町。2005年に諫早市と合併しました。有明海の国道沿いは、シーズンになると「かき焼き小屋」が建ち並び、別名「かき街道」と呼ばれるほど。日本一干満の差が大きな有明海のおだやかな潮の流れとふりそそぐ太陽、また、多良山系を源とする川の流れが、牡蠣をはじめ、豊かな海と山の恵みをもたらしています。


小長井町のフルーツバス停

国道を走っていて、大きな可愛いフルーツを見つけたら、そこはもう小長井町。イチゴ、メロン、ミカンにスイカ、海を背景にした小長井町のフルーツバス停は、他にはない絶好のフォトスポット。全国放送でもたびたび取り上げられる、ちょっと変わった町の名所です。

  • 小長井町風景写真1
  • 小長井町風景写真2
  • 小長井町風景写真3
  • 小長井町風景写真4
  • 小長井町風景写真5
  • 小長井町風景写真6
  • 小長井町風景写真7
  • 小長井町風景写真8
  • 小長井町風景写真9
  • 小長井町風景写真10